読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

越後屋裏帳簿

日経記事タイトルや雑記など

英語の勉強によさそうな?番組

最近お気に入りの番組がBSジャパンの「ピンチで学ぶビジネス英語」です。

ドランクドラゴンの塚地さんが「チャンス塚地」として講師役、といっても特に教えてくれるわけではありません(笑)

アナウンサーの森本さんが「先生」と呼びかけても、自分のことだと気づかないほどのとぼけっぷりです。

指摘するポイントも、英語の勉強的には全く的外れ。

 

でもなにが面白いかというと、毎回出てくる会話部分が、他の英語教材には出てこないようなものが多いのです。

ちょっと下ネタあり、こんなシチュエーションあり得ない!というものばかりですが、表現が結構ナチュラルのような気がします。もちろん私はネイティブではないし勉強中の身なので、そう感じる、という程度ですが。

 

会話部分を担当しているのはネイティブの外国人の方と、お笑い芸人「トンツカタン」というグループの森本さん(上記のアナウンサーとは別人)で、この方はインターナショナルスクール出身だそうです。

ということで、会話部分は一応ネイティブチェック済みと思ってよいのでは。

 

番組サイトにはポイントとなるフレーズが一応は出ているのですが、面白いのは間の会話部分で、こういう表現できるんだ!という発見が毎回あります。

 

例えば前回の放送で、主役の日本人サラリーマン上田さんが

I'll definetely make it before it starts. Talk to you later. 開園前には絶対つくから じゃあ後でね

というシーンがありました。

友人とミュージカルを見に行く場面で、上司に呼ばれてしまって、電話で開園前には行くからと説明するシーンで「make it」を使うなんて、ああこれでいいんだ!と。

こんな感じの表現がたくさん入っているので、毎回の重要フレーズよりその間の部分に注目してみています。

真面目に勉強してもらおうという気力はあまり感じない番組なので、じっくり見ている人は少ないかもしれません(笑)

 

できれば長く続いて欲しいのですが、こういう実験的な番組って半年で終わってしまうので無理かな~。

視聴率が良ければ継続されるかもしれないので、英語勉強中の方はぜひ!

密かに応援しているカイルさんというイケメンモデルさんも時々出演しますよ。

放送は毎週月曜日の午後11時半から30分です。

公式サイトはこちらです。

www.bs-j.co.jp